FC2ブログ

守ろう!伝統野菜復活プロジェクト

2018/09/05 Wed

こんにちは。附属農場です。

附属農場では、応用植物科学農場実習Ⅱにおいて自主栽培実習が行われました。

今年の自主栽培は、鹿児島に古くから伝わる地元野菜である「かごしま伝統野菜」の栽培に取り組んでいただきました。

b名刺用写真
                   ナス(鹿児島在来品種)


伝統野菜とは、おおむね昭和20年以前から存在し、特定の地域で栽培されている野菜のことです。

桜島ダイコンや吉野ニンジン、伊敷ナスなど地域の名前がついている野菜もあります。

野菜本来の甘み・辛み・苦みなどが強い伝統野菜は、古くからその地域において大切に受け継がれてきました。

しかしながら、近年は多産多収の市販F1品種に押され、伝統野菜を栽培保存する生産者の高齢化も相まって

絶滅が危惧されています。


危機的状況にある伝統野菜。

彼らの遺伝子を、鹿児島の食文化を未来につなぐため、かごしま伝統野菜の栽培に取り組んでいただきました。

b180417肥料計量 (3)
                      肥料計算の様子
   伝統品種は生育が旺盛な物が多く、市販品種の施肥量に比べ少なく見積もります。


bIMG_4707.jpg
                      植え付け後の様子


                      職員の指導の様子

bFB_IMG_1536121211763.jpg
         学生さんの伝統野菜栽培をテレビ局が密着取材してくれました


9月8日(土) 「チャンネル8(11:30~)」
KTSかごしまテレビにて放送されます。

ぜひご覧くださいね!










ブログのご案内

鹿児島大学農学部附属農場

 鹿児島大学農学部附属農場がお送りするブログです。実習の様子、農場の四季、情報、生産物販売のお知らせを発信していきたいと思っております。
 なお、当ブログは、鹿児島大学農学部・共同獣医学部等総務課農場事務係が運用しております。詳しくはこちらをご覧ください。

カレンダー
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
農場訪問者
pictlayer