FC2ブログ

10月のイベント②

2018/11/13 Tue

こんにちは。

続けての更新になります。

今回は、実習風景の紹介です。

6月に行った、機械と手植えで田植えの実習から4ヶ月。

スズメの被害に耐え、たわわに実った稲刈りの実習です。

blog-20181009IMG_5413.jpg

腰痛に耐えて、

黙々と刈っていきます。

blog-20181023IMG_5516.jpg

最後は、脱穀作業。

生徒さんの頑張りと、

技術職員の汗と涙の結晶は、

この後、精米され、袋に詰められ、

インフォメーションセンターで販売されます。

blog-20181009IMG_5417.jpg

野菜の播種(種蒔き)

blog-20181012IMG_5430.jpg

野菜苗の定植(植え付け)

blog-20181019IMG_5488.jpg

ネット張り

blog-20181023IMG_5507.jpg

整列して、間引きの作業です。(電線に整列する鳩は、何を狙っているのか?)

blog-20181019IMG_5492.jpg

最後は、トルコギキョウの播種作業です。

一粒、1mmのも満たない種を播いていきます。

blog-20181023IMG_5509.jpg

10月のイベント①

2018/11/13 Tue

みなさん、こんにちは。

附属農場です。

秋晴の続く10月、

農学部正面玄関の花壇の植え替えが行われました。

専門技術職員指導の下、市民ボランティアさんたちのお力を借りて

秋・冬バージョンの花壇へと模様替えです。

ボランティアのみなさん

本当に、いつもご苦労様です。

そして、ありがとうございます(*^-^*)

blog-20181010IMG_5423.jpg
 
blog-20181010IMG_5425.jpg

今回のお花は、

葉ボタンを中心に、アリッサム、パンジー等かわいいお花で彩られます。

ぜひ、生長していくお花たちを観にいらしてください。

blog-20181024IMG_5528.jpg

blog-20181024IMG_5535.jpg

かごしま伝統野菜 公開講座②

2018/10/24 Wed

みなさん、こんにちは。
附属農場です。

今回は、『かごしま伝統野菜』 公開講座の
第2回目の講習会です。

blog-1-IMG_5520.jpg

まずは、すくすく育ったスナップエンドウ苗のわき芽かきから。

blog-2-DSC_1552.jpg

続いて、苗が張って成長していくためのネット張り。
受講生の皆さん、悪戦苦闘しながらも上手に作業されていきます。

blog-3-DSC_1564.jpg

そして、ダイコンやカブの間引きへと続きます。
こちらは、成長具合を見定めて苗を間引いていきます。

blog-4-DSC_1568.jpg

みなさん、真剣に見定め方を確認していらっしゃいます。

blog-5-DSC_1573.jpg

間引いた菜っ葉は、みなさんの
今夜のおかずの一品となることでしょう(((o(*゚▽゚*)o)))

blog-6-DSC_1576.jpg

ほんと、今日は
農作業日よりの お天気でよかったです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

blog-7-DSC_1580.jpg

かごしま伝統野菜 公開講座①

2018/10/19 Fri

皆さん、こんにちは
鹿児島大学附属農場です。

7月 指宿植物試験場での公開講座から始まり
blog-1.jpg

8月 唐湊果樹園でのブルーベリー公開講座blog-2.jpg

そして本年度最後の
10月 学内での『かごしま伝統野菜』の公開講座が始まりました。

10月3日に第1回目の講座がスタート。
初回は、これから育てていく植物(雷エンドウ、島ソラマメ、国分ダイコン、永山ダイコン等)の
播種(種蒔き)の授業。
blog-3.jpg   発芽後
2週間後には、か弱くもすくすくと成長中。

中野技術専門職員と事務職員がやさしく見守ります。blog-4.jpg
blog-9.jpg

守ろう!伝統野菜復活プロジェクト

2018/09/05 Wed

こんにちは。附属農場です。

附属農場では、応用植物科学農場実習Ⅱにおいて自主栽培実習が行われました。

今年の自主栽培は、鹿児島に古くから伝わる地元野菜である「かごしま伝統野菜」の栽培に取り組んでいただきました。

b名刺用写真
                   ナス(鹿児島在来品種)


伝統野菜とは、おおむね昭和20年以前から存在し、特定の地域で栽培されている野菜のことです。

桜島ダイコンや吉野ニンジン、伊敷ナスなど地域の名前がついている野菜もあります。

野菜本来の甘み・辛み・苦みなどが強い伝統野菜は、古くからその地域において大切に受け継がれてきました。

しかしながら、近年は多産多収の市販F1品種に押され、伝統野菜を栽培保存する生産者の高齢化も相まって

絶滅が危惧されています。


危機的状況にある伝統野菜。

彼らの遺伝子を、鹿児島の食文化を未来につなぐため、かごしま伝統野菜の栽培に取り組んでいただきました。

b180417肥料計量 (3)
                      肥料計算の様子
   伝統品種は生育が旺盛な物が多く、市販品種の施肥量に比べ少なく見積もります。


bIMG_4707.jpg
                      植え付け後の様子


                      職員の指導の様子

bFB_IMG_1536121211763.jpg
         学生さんの伝統野菜栽培をテレビ局が密着取材してくれました


9月8日(土) 「チャンネル8(11:30~)」
KTSかごしまテレビにて放送されます。

ぜひご覧くださいね!










ブログのご案内

鹿児島大学農学部附属農場

 鹿児島大学農学部附属農場がお送りするブログです。実習の様子、農場の四季、情報、生産物販売のお知らせを発信していきたいと思っております。
 なお、当ブログは、鹿児島大学農学部・共同獣医学部等総務課農場事務係が運用しております。詳しくはこちらをご覧ください。

カレンダー
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
農場訪問者
pictlayer